省力化対策、効率化システム>> 長距離無線システム>>

向かいの別棟の建物のトイレに設置された呼び出しボタンを押すと事務所でもわかる省力システムはありませんか?

ワイヤレスシステム、無線通報システムを使って機械の接点異常の監視を行い、監視人員の合理化、少数化、手間や労働力を省きます。


設備や警報盤から接点信号(無電圧a接点信号)を入力されると無線で現地から離れた場所のパトランプをまわして異常を報せます。
無線通報(特定小電力無線)を使った緊急通報システムですと、 以下のようなシステムがございます。
現在トイレに取り付けられている押しボタンシステムの移報接点に特定小電力無線システムを取り付けて別棟の自動連絡をします。

トイレの呼び出しボタン-遠隔送信機と有線ケーブルで接続します。ボタンの仕様をご確認ください。

無電圧a接点信号(有線接続、接点入力)
※既設の呼び出しボタンに取り付ける場合は、既存のボタンに接点出力端子が必要です。

1.遠隔送信機

特定小電力無線

2.遠隔受信機
警報ブザーやパトランプを作動します。 ワイヤレスですので大がかりな有線工事は必要ありません。


公園、工場、倉庫、大型ホール、野球場、テストコース、研究施設、市場
港湾施設、鉄道施設、役所、自衛隊、移動する工事現場など様々な場所でご利用いただいております。
受注生産品ですので、屋内での使用、屋外での使用などご要望に応じて仕様のご相談をさせていただいております。


押しボタン
押しボタン
無電圧a接点信号。
無線接点呼びだし装置。

→→→→→
特定小電力無線100〜300m
離れた事務所や通路などの目につき場所でパトランプを回転させます
離れた事務所や通路などの目につき場所で
パトランプを回転させて警報を発します。

 商品の詳しい内容はこちらをご覧ください
商品の詳しい内容はこちらをご覧ください。


接点入力型無線通報システム(特定小電力無線)
接点入力型無線通報システム(特定小電力無線)
機器の設備接点信号を受けて電波を自動送信(特定小電力無線)、 離れた管理棟や事務所へ無線通報、着信すると警告ブザーや回転灯を作動させて異常を報せます。
送信機〜受信機までは長距離無線でやりとりしますので、自由に機器のエリアを設定できます。
通信距離は平均100〜300m。 途中に中継器を配置して、通信距離を伸ばすことも可能です。
送信機複数台+受信機複数台のシステム構成も可能です。
送信機、受信機は屋外設置可能な防雨ケースに収納したり、電源をソーラー電源に変更する事も可能です。 送受信機とも外部独立アンテナを標準に付属しています。



そのほかに、無線式押しボタンを新たに新設する場合は以下の無線式押しボタンシステムがあります。
押しボタン式遠隔通報型非常ボタンシステム、長距離無線呼び出し装置(特定小電力無線)
長距離無線呼び出し装置



1.押しボタン付き遠隔送信機

特定小電力無線

2.遠隔受信機
警報ブザーやパトランプを作動します。


押しボタン
押しボタン

→→→→→
特定小電力無線100〜300m
離れた事務所や通路などの目につき場所でパトランプを回転させます
離れた事務所や通路などの目につき場所で
パトランプを回転させて警報を発します。
担当者の呼び出し、連絡にもご利用いただけます。

 商品の詳しい内容はこちらをご覧ください
商品の詳しい内容はこちらをご覧ください。


無線式遠隔通報型非常ボタンシステム(特定小電力無線)
無線式遠隔通報型非常ボタンシステム、長距離無線呼び出しシステム(特定小電力無線)
無線式の緊急呼び出しボタンを押すと数百m(100〜300m)離れた受信機でパトライトや警告ブザーの鳴動、 もしくは接点出力を行います。 工場や作業場、倉庫やホール、大型店舗などでご利用いただいております。
無線方式呼び出しボタンを押すと数百m離れたや回転灯やブザーが作動、担当者を呼び出します。 長距離型無線の緊急呼び出しシステムです。特定小電力無線。 無線式ですので異常送信機、受信機ともコンセントに差し込むだけ。 面倒な配線工事は必要ありません。免許や届け出も必要ありません。

長距離無線連絡システム

電話連絡システム

短距離無線

有線システム


無線システムや警報機を使った省力化システム、効率化システムトップページへ

 (C)Copyright 省力化対策、効率化システム.com.All rights reserved.


..